K邸 furniture project ダイニングテーブル

普段は夫婦2人のみの使用だが、

子供夫婦、孫達が集まると総勢10人程になる。

・集合時には、2つの机を使っていた。

・部屋が2つにまたがっているので、座ると後ろを通り抜けられない。

そんな、2つを解消させる機能を持たせたダイニングテーブルを求められた。

 

2つに分割スライドさせる事により、大人数座れるテーブルに。

尚且つ、スライドさせる事により狭い方向にズレが生まれ後ろの通り抜けも可能となった。

また、袖壁を挟んで反対側の人との会話が難しかったが、

ズレにより目線がすべて通ることとなった。

四隅のRは、その場その場の使い勝手により検討。

1枚の葉っぱの様な机になった。 

 

ダイニングテーブル 001
ダイニングテーブル 002